NIYA

旋律で感動を与える津軽三味線奏者、忍弥

北海道を拠点に世界中で活動する津軽三味線演奏の若きホープ。

津軽三味線は青森県津軽地方の旅芸人が始めた三味線を用いた音楽とされます。弾き歩きから発展し、戦後の民謡ブームにより「津軽三味線」と名付けられ、全国的に知られるようになりました。元々は民謡伴奏に用いられますが、現代においては独奏を指すことが 多くなっています。撥を叩きつけるように弾く打楽器的奏法と、テンポが速く音数が多い楽曲が特徴です。

忍弥氏は7歳で津軽三味線を習い始め、佐藤俊彦氏に弟子入りしました。2013年青森の「津軽三味線日本一決定戦」でA級の部優勝をしました。様々なジャンルとコラボして津軽三味線の可能性に挑戦する傍らに、高校の音楽講師として音楽指導にも携わり、津軽三味線の魅力を次世代に伝えています。

国内に止まらず、日中親善大使として台湾に、日米親善大使としてニューヨークに、他にもトルコ等国外でも積極的に活動されています。そして、JAPAN EXPO IN THAILAND 2015−2016にも登場して、着実にタイで知名度を上げられています

三味線の音色を通して、日本の音楽の素晴らしさを世界に伝えるべく、今年もJAPAN EXPO IN THAILAND 2017のステージに登場します。ぜひ、お聞き逃しなく!

JAPAN EXPO IN THAILAND 2017は2017年9月1〜3日

サイヤム・パラゴン5階で開催。

入場・ステージ観覧無料!